\インスタグラム/ 日々のパン焼き記録&ライブ配信♪【u3_gurico】ぜひのぞいてくださいね♪

ナンの作り方 イーストなしの本格こだわりレシピ フライパン・グリルでOK

インドカレーを食べるときにお馴染みのナンです。
おうちでも自家製酵母で本格的なおいしいナンが焼けるので、ご紹介します。

本場ではタンドール窯という高温のツボで焼きます。
タンドール窯の温度は300~500度もあり、このツボの内部にナンを張り付けて焼くのですが、焼き上げるまではほんの数分です。
家庭では、オーブンをほんの数分のために時間かけて最高予熱するのももったいないですよね…。
ので、今回は魚焼きグリルを使います!
魚焼きグリルは短時間で高温になるのでもってこいですね。
(我が家はトーストも魚焼きグリル使ってます♪)

ちなみに、グリルない方向けに、フライパンで焼く方法もご紹介しますね。

今回のレシピは、酵母と合わせてベーキングパウダーも使います。
ナンの独特のサクッとした食感を出すことができ、入れるとまたぐぐっと本場っぽさがでます。

ナンの生地は二次発酵もしなくてよいので、思い立ったらサッと作れてお手軽です。
また、生地も直火で焼くので、扱いは多少大雑把でも大丈夫!笑
ぜひお試しください!

ナンのレシピ 4つ分

  • 強力粉 200g(80%)
  • 薄力粉 50g(20%)
  • きび糖 20g(8%)
  • 塩 4g(1.6%)
  • アルミニウムフリーベーキングパウダー 4g(1.6%)小さじ1
  • 酒種(ご飯と麹の酵母) 30g(12%)
  • 豆乳 60g(24%)
  • 卵 1/2個 約50g
  • 水 約20g~ 卵と合わせて70gになるように
  • プレーンヨーグルト 30g(12%)
  • なたね油 10g

※酒種酵母の作り方はコチラ↓(別タブで開きます)

酒種(ご飯と麹の酵母)の作り方

補足

  • ()内はベイカーズパーセント。粉の全体量でベイカーズパーセント100%としています。
  • 水分は、夏場は冷たく、冬場は人肌程度に温めておきます。
  • 今回は、強力粉は「はるゆたかブレンド」、薄力粉は「ドルチェ」を使用。どちらも国産小麦。
  • ナンのもっちりしつつもサクッとした歯切れを出すため、薄力粉を配合して焼きます。生地は柔らかめになります。
  • 季節や湿度によって粉の吸水率が変わります。また、粉の種類が変わっても吸水率も変わります。水分は一度に入れず2~3%調整用に残して、様子をみながら足しましょう。

※ベイカーズパーセントの詳細はコチラ↓(別タブで開きます)

ベイカーズパーセントとは

1、生地作り(捏ね~一次発酵まで)

詳細は☟下記記事☟を参照してください。
※別タブで開きます

【ホームべ―カリーでしっかりこねる生地】の作り方

ナンの生地作りのポイント

  • ホームベーカリになたね油以外の材料を全て入れて、5分間捏ねる。5分後になたね油を入れて、さらに5分捏ねる。
  • 油はなるべく癖のないものがオススメ。他には、太白ごま油やこめ油など。
  • 25~28℃で2~3時間程度発酵させる。発酵倍率は1.5倍程度になるまで。冷蔵発酵はしません。
    ナンの生地はそれほどしっかり発酵させなくてもよいので、発酵倍率も1.5倍程度で大丈夫です。
発酵前
発酵後

2、分割・丸め

作業台に打ち粉を振り、生地を取り出し、スケッパーなどで生地を4個に分ける。
分割した切れ目の面を内側に包み込むようにして丸める。

 

3、ベンチタイム

室温で30分~40分間休ませる。
生地が乾かないように、ボウルを被せたり、濡れ布巾を乗せた上にふんわりラップを被せたりする。

4、成型

手のひらで生地を押すように伸ばし、めん棒で平たくする。

5、焼成

●魚焼きグリル
グリルは少し予熱をし、アルミホイルにはオリーブオイルを塗っておく。
生地をアルミホイルにのせ、アルミホイルごと魚焼きグリルにいれる。

 

中火で1分半から2分。途中で様子を見ながら、表面に焼き色が付き膨らむまで焼く。
焼き色がついたらひっくり返し、裏面も1分半から2分程度焼く。

表面に色がついてきた
ひっくり返したところ
 

 

●フライパン
熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、生地をのせる。
蓋をして生地に焼き色がつくまで中火で焼く。
焼けたらひっくり返し、裏面も同じように焼き色がつくまで蓋をして焼く。

補足

グリルの場合、種類や火力にもよるので、様子を見ながら焼いてください。時間は目安です。

フライパンの場合、種類などにより時間は異なりますが、大体片面5分程度ぐらいです。

魚焼きグリルで焼くとサクふわ、フライパンだともっちりな感じで焼き上がります。

 

完成

焼き上がり!

カレーにもいですが、こんな感じでナンドッグもおすすめ♪

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

関連記事



5件のコメント

こんにちは!
最近、酵母のお世話ができていないのですが、またこのナンを作りたいなと思っています。
酵母を起こしたり、タネを作ることは難しそうなので、赤サフのイーストを使いたいです。この場合の配合はどうしたら良さそうでしょうか?
想像でも構いませんので、教えていただけたら嬉しいです(^^)
よろしくお願いします!

あおぱん様

コメントありがとうございます!
ナンをイーストで作る場合は、酒種を豆乳に置き換えて、イーストは0.5~0.8%くらいでよいかな?
1%入ると早すぎる気がするなぁ…
もちろん想像なので、発酵の進みは様子をみながらお願いしますね。笑

今日は酒種でナンを作り中です。
生地は柔らかい生地ですが、私でも成形できました。はちみつ白コッペの生地はもっと柔らかいですか?

こんにちは。
ナン、焼き上がりました♪
柔らかくて美味しくて感激しております。
中にチーズを入れてみました。
成功して良かったです。

パイナップル様

コメントありがとうございます!
ナン、美味しくできてよかったです^^
こちらはベーキングパウダーを使うので、はちみつ白コッペの生地とはまた違いますが、おそらく白コッペの方が柔らかいのではないかな?と思います。

コメントを残す

※スパムコメント対策のため、いただいたコメントは承認制になっています。コメントの送信後サイトに反映されるまで少しおまちください!