酵母グラノーラのレシピ/作り方

今回は酵母を使ったお菓子をご紹介します。

液種は冷蔵庫で1ヶ月くらいもちますが、元種やルヴァンリキッドは一度起こしたら2日くらいで使わないといけないですよね。
でも、パンを焼く時間や余裕がないときや、種を放置しちゃって元気がなさそうなときは、お菓子にしちゃいましょう。

酵母を使ったグラノーラは、混ぜて焼くだけ!
発酵時間も必要なし!
それでも、酵母を使うことでざくざくの食感ができちゃいます。
そのままポリポリつまんでもいいですし、牛乳やヨーグルトと合わせておやつや朝ごはんにもお勧めです。

我が家は瓶に常備して、小腹がすいたときのおやつにぽりぽり食べてます。

Sponsored Links

グラノーラのレシピ

使用する酵母は「元種」または「ルヴァンリキッド」です。

パンを仕込んだ時の余った元種や、放置して弱った元種の消費にオススメです。
もちろん、元気な元種でも作れます。
レシピでは水:粉を1:1で継いでいるものを使いますが、違う加水率でも基本的に問題ありません。
発酵もないので、細かいことは気にせずに気軽にやってみてください!

材料 天板一枚分

  • 【a】オートミール 200g
  • 【a】全粒粉 30g
  • 【a】アーモンドスライス 60g
  • 【a】アーモンド 60g
  • 【a】きび糖 15g
  • 【a】塩 ひとつまみ
  • 【b】元種 or ルヴァンリキッド 60g
  • 【b】メープルシロップ 80g
  • 【b】お好みのオイル(菜種油、米油、太白ごま油、ココナッツオイルなど) 60g

※ナッツ系は、160度10分ローストして冷ましておく。

1、準備

aは、大きめのボウルに入れて、ゴムベラでざっくり混ぜ合わせておく。
(写真の時は、アーモンドは使用せずにシードミックスを使用しています)

 

bは、ボウルに入れて泡だて器で混ぜ合わせ、しっかり乳化させる。
※乳化…油と水分が混ざりあうこと

オーブンは170度に予熱しておく。

2、合わせ

bをaのボウルに入れ、ゴムベラで全体を絡める。
全体が混ざったら、オーブンシートをひいた天板に生地を均一に広げる。

Sponsored Links

3、焼成

160度で50分焼く。
半分くらい過ぎたところで、フライ返しなどで生地をひっくり返し、引き続き焼く。

焼き終わっても天板は出さずに、そのまま予熱で焼き切る。
庫内で冷ます。

 

完成!簡単!

今回のレシピはシンプルなので、自由にアレンジもできます。

ドライフルーツを混ぜたり
ヨーグルトに入れたり
<オススメアレンジ>
  • オートミールの一部をライフレークに変える
  • ゴマやキヌアやアマランサスなどお好みの雑穀を入れる
  • 全粒粉の一部をココアにしたりきな粉にする
    などなど。

ドライフルーツを入れたい場合は、焼き上がって冷めた後に好きなドライフルーツを入れましょう。
私のオススメはクランベリーです♪酸味がよく合います!
ドライアプリコットやドライパイナップルもいいですし、自分で作るセミドライリンゴも合います。

チョコを入れたい場合も、冷めた後に混ぜてくださいね。
甘納豆を混ぜれば、和のグラノーラになりますよ。

まずは基本のグラノーラを作ってみて、慣れてきたらご自分のオリジナルグラノーラを作ってみましょう!

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

コメントを残す