ラムレーズンのパウンドケーキのレシピ/作り方

今回は、酵母を使ったパウンドケーキのレシピをご紹介します。

ラムレーズン入りのお菓子やケーキが好きなので、今回はラムレーズンの酵母ケーキです。
たっぷりバターが入って、しっとりと大人好みの味になってます。
混ぜて型に入れて発酵させ、焼くだけなので、とっても簡単です。

ラムレーズンは好みもありますが、プレゼントにもオススメです♪
お好みで、ナッツやホワイトチョコを組み合わせてもいいと思います。
お好きにアレンジしてみてくださいね。

簡単なので、元種が余ったときや種継ぎの時にぜひ作ってみいてください!

Sponsored Links

ラムレーズンパウンドケーキのレシピ

材料 パウンド型1本分

  • 薄力粉 150g
  • アーモンドパウダー 30g
  • きび糖 80g
  • 発酵バター 80g
  • 卵 1個
  • 塩 ひとつまみ
  • ラム酒 大さじ1
  • ルヴァンリキッド 100g
  • ラムレーズン 50g
補足

  • ラムレーズンは、熱湯消毒した瓶にオイルコートなしのレーズンを適量入れ、ひたひた程度のラム酒を注ぎ、お好みできび糖を少し入れます。きび糖を入れるとマイルドなラムレーズンになります。
    1週間以上漬けてから使ってください。時間のある時に作っておくといいですよ。保存状態にもよりますが、涼しいところで1年くらい保存できます。
  • 粉は、薄力粉を「ドルチェ」を使いました。
  • レシピではルヴァンリキッドを使用していますが、ヨーグルト種でも元種でもできます。
    粉1:水1:種1で継いでいるので、固めの種を使用する場合は、レシピにはないですが豆乳(または牛乳)で調整してくださいね。

1、準備

発酵バターは事前に湯煎して溶かしておく。

2、混ぜ合わせ

ボウルに卵を割りほぐし、きび糖を入れてよく混ぜ、そこにルヴァンリキッド、ラム酒を入れてホイッパーでよく混ぜる。
湯煎した発酵バターを入れてさらによく混ぜる。

ふるった粉とアーモンドパウダーを入れさっくりと混ぜ、粉気がなくなったらラムレーズンを入れてムラなく混ぜる。

 

3、発酵

敷き紙を敷いたパウンド型に生地を流しいれて表面をならす。

室温(22~25℃)で8~10時間おく。
油脂が多いので発酵に時間もかかり、あまり大きく膨らまない。すこしふっくらする程度。

発酵前
発酵後

 

4、焼く

190℃に予熱したオーブンに入れ、180℃で10分焼く。
一旦取り出し、表面にナイフで切れ込みを入れてオーブンに戻す。

170℃で35分焼き、竹串を入れてみて生地がついてこなかったら焼き上がり。
まだの場合は様子を見つつ追加で5分焼く。

焼き上がり~♡

冷めたらラップして一晩おいてからお楽しみください♪
一晩おいた方がバターも味も馴染んで美味しくなりますよ。

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

5 件のコメント

  • こんばんは!
    Instagramで酒種での作り方をお尋ねさせて頂いた者です(^ー^)
    コメントはこちらでよろしかったでしょうか(‘_’?)

  • お返事ありがとうございます!
    酒種を継いでいるのですが、こちらのパウンドケーキを酒種で作る際の分量など教えて下さい(^ー^)

    • インスタでDMいただいてたのに、お返事遅くなってしまってすみません(T_T)!!!

      酒種に置き換える場合、ルヴァンを使わないのでその分嵩が減るため
      ・薄力粉 200g
      に増やした方が良さそうです。
      そして、
      ・酒種 20~30g
      ・豆乳 酒種と合わせて50g
      それ以外はレシピ通りでいいと思います。
      酒種+豆乳は、粉を入れる前の一番最後に入れて下さいね。

      自分でちゃんと試してない置き換えレシピなので申し訳ないです(>_<) 発酵力によって酒種の量を調整してみてくださいね。 また、抹茶の織り込みパンの置き換えですが、スイートロールの生地を使います。 こちらはヨーグルト酵母の中種ですか、これを酒種で置き換えると、麹の酵素で生地がベタベタになり大体うまく出来ません。 なので、スイートロールの生地をストレート法で作るのがよいと思います。中種の分量と本生地の分量を一度に混ぜます。その際にヨーグルト酵母を酒種に置き換えて見てください。 発酵は中種法よりゆっくりですが、ちゃんと生地が上がるのを待って、進めてくださいね。 どちらもうまくいきますように!

  • おはようございます!
    ご丁寧な対応、お返事ありがとうございます( ;∀;)!!
    お休みの日に作ってみます!
    どのレシピもおいしそうで拝見していて楽しいです(^ー^)♪

  • コメントを残す

    ※スパムコメント対策のため、いただいたコメントは承認制になっています。コメントの送信後サイトに反映されるまで少しおまちください!