CATEGORY ベーグル

まあるいフォルムに真ん中に穴が開いているリング型のパン。
焼く前にお湯でゆでる「ケトリング」を行うことでもちっとムギュッとした噛みごたえを生み出し、独特の食感を楽しめるパンです。
ベーグルをこよなく愛するベーグルファンはとても多いですよね。

基本の材料は卵や乳製品・油脂も使わず、小麦・酵母・塩・水と実にシンプルな材料のパンです。そこにココアパウダーや抹茶パウダー、ドライフルーツなどを生地に練り込んだり、色々なフィリング(具材)を巻き込んだりと組合せによって色々なバリエーションを楽しめます。

ベーグルを作る上で、難しいところはやはり成型ではないでしょうか。
ケトリングの際に作った輪っかが外れてしまう。そんな悩みをたくさんのからご相談をいただきます。

輪っかを外れにくくするポイントはいくつかあるので下記に紹介している各レシピを参考にしてみてくださいね♪(成型動画もあります)

まずはプレーンベーグルのレシピを基本として参考にしてみてください。

ベーグルの魅力・楽しみ方

シンプルなプレーンベーグルはそのまま食べてももちろん美味しいですが、特にスープと一緒に噛みごたえのあるベーグルがぴったりと合う気がします。また色々な具材をサンドしてもおいしいですよね。

チーズやハムなどの惣菜系からチョコやドライフルーツなどの甘い系のフィリング(具材)、スパイス系までどんな具材でも合ってしまうから、食べて飽きない、焼いても飽きない。それもベーグルの魅力のひとつだと勝手に思っています。

固くなってしまったベーグルは

焼いた後、時間がたってしまうと、どうしても固くなりガチなので、軽くリベイクするとサクッとふわっとした食感になります。
また、蒸したり、ラップして炊飯器の保温に入れたりすると、柔らかくもちっとした食感になります。
このようにひと手間加えることで、よりおいしくベーグルが楽しめます。

私のお気に入りの食べ方は、半分にスライスして軽くリベイクしたものに、冷たい有塩バターをサンドして食べること!
サクッとしたベーグルの食感に、冷たいバターがとろけて最高です!

それでは長くなりましたが、ベーグルのレシピをご紹介します!!