メロンパンのレシピ/作り方

みんな大好きメロンパンのレシピをご紹介します!

メロンパンって色んな種類ありますよね。
クッキー生地に格子の模様が入っているもの、入っていないもの、ひび割れているもの、クッキー生地が薄いもの、厚めのもの…などなど。

私のレシピでは、クッキー部分の食感をざくざくにするため、全粒粉アーモンドパウダーが入っています。少し柔らかめなので、しっかり冷やしてから扱います。
ホイロでクッキー生地がひび割れてしまうことがNGと言われるパン教室もあるようですが、このレシピではわざとひび割れるようなクッキー生地にして、焼き上がり後の表情がそれぞれ変わるようにしています。
細かいことを気にしなくてもいいですし、メラメラっとした焼き上がりの模様も気に入ってます♪

そして、ホイロもしっかり長めにとることで、ふわふわのメロンパンになります。

何度も試行錯誤したレシピなので、良かったら試してみてくださいね!

Sponsored Links


メロンパンのレシピ

材料 12個分

【中種】

  • 強力粉 150g(50%)
  • きび糖 15g(5%)
  • ヨーグルト酵母エキス 60g(20%)
  • 水 30g(10%)

【本生地】

  • 中種全量
  • 強力粉 120g(40%)
  • 薄力粉 30g(10%)
  • きび糖 12g(4%)
  • 塩 5.1g(1.7%)
  • 卵黄 1個 約20g(7%)
  • 無塩バター 45g(15%)
  • 成分無調整豆乳 75g(25%)牛乳でも可

【クッキー生地】

  • 薄力粉 80g
  • 薄力全粒粉 50g
  • アーモンドパウダー 20g
  • きび糖 70g
  • 発酵バター 70g
  • 全卵 35g(1/2個強)

 

補足

  • ()内はベイカーズパーセント。粉の全体量でベイカーズパーセント100%としています。
  • 水分は、夏場は冷たく、冬場は人肌程度に温めておきます。
  • 季節や湿度によって粉の吸水率が変わります。また、粉の種類が変わっても吸水率も変わります。水分は一度に入れず2~3%調整用に残して、様子をみながら足しましょう。
  • パン生地の強力粉は「はるゆたかブレンド」を、薄力粉は「ドルチェ」を使用しています。
    菓子パンタイプの生地は、もっちり系よりくちどけ重視の粉が合うと思います。他には「ヴァンドゥノール」「ファリーヌ」「南のめぐみ」などがオススメです。
  • クッキー生地の薄力粉も「ドルチェ」を使用しています。薄力全粒粉は「臼夢T85」を使用しています。

 

1、生地作り(捏ね~一次発酵まで)

詳細は☟下記記事☟を参照してください。

スイートロール(菓子パン生地)のレシピ/作り方

2019.05.14

工程1~2の発酵完了まで、スイートロールと同じ工程で行います。

クッキー生地の作り方

生地を発酵させている間に、クッキー生地を準備しましょう。
クッキー生地の薄力粉の一部をココアに置き換えて、ココア生地を作るとココアメロンパンもできます!
また、プレーン生地をココア生地を合わせて渦巻き状にするとマーブルメロンパンになりますよ。
いろんなパターンを試してみてください。

  1. 発酵バターを室温に戻して柔らかくし、クリーム状にする。
  2. きび糖をホイッパーでよくすり混ぜ合わせておく。
  3. 全卵は事前に割りほぐし、少しずつ加えて、都度よく混ぜる。
  4. 粉類は事前にふるっておき、アーモンドパウダーと一緒に③に加える。(半分をココア生地にする場合、③を半分に分け、片方の薄力粉の5gをココアパウダーに置き換える。)ゴムベラに持ち替えて全体をさっくり混ぜる。
  5. 全体が混ざったら、ラップにくるんで冷蔵庫で1時間以上冷やしておく。
  6. 冷やして扱いやすくなったら、個数分にカットし、丸めて再度冷蔵庫で冷やしておく。

 

<マーブル生地のやり方>

  1. プレーン生地とココア生地を少しずらして重ねる。生地の端は少し潰して薄くしておく。
  2. 端っこからくるくる巻いて棒状にする。
  3. 個数分にカットし、ラップに包んで冷蔵庫で冷やしておく。

冷やした生地を、成型の時に伸ばしてパン生地にかぶせます。

2、分割・丸め

作業台に打ち粉を振り、生地を取り出し、スケッパーなどで生地を10個に分割する。
1個当たり46g程度。

切り分けた生地を丸める。
切った面を内側に入れ込むようにして丸める。とじ目は閉じなくてよい。

 

3、ベンチタイム

丸めた状態で20分休ませる。

4、成型

ベンチが終わった生地を再度丸めなおしてとじ目を閉じる。
事前に冷やしておいたクッキー生地を、ラップに挟んでめん棒で直径10センチ程度に伸ばす。生地の上にクッキー生地をかぶせ、端っこも生地に沿って丸めてかぶせておく。

クッキー生地の表面にきび糖をまぶし、天板に並べる。

お好みで、格子模様を入れるのもアリ!

 

5、ホイロ

28℃で2.5~3時間程度発酵させる。
1.8倍くらい膨らむ。

ホイロ前
ホイロ後

オーブンを220℃に予熱しておく。

 

6、焼成

オーブンに入れ、190℃に下げて13分~14分焼く。
(今回は2段で焼いています。2段焼きするときの温度については、お使いのオーブンで調整してくださいね。)

完成!!

格子模様をいれるとこんな感じに。

マーブル模様のクッキー生地をかぶせると、マーブルメロンパン♪

格子柄入れないバージョン。クッキー生地のひび割れがメラメラっとして、いい表情♡

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

3 件のコメント

  • 初めまして。こんにちは。
    いつも楽しく拝見しております。
    たくさんレシピを掲載してくださりありがとうございます。とても参考になります。
    今日は質問なのですが、中種法のレシピをストレート法に置き換えて作ることはできるのでしょうか?
    自家製酵母初心者に加え、週末しかパンを焼くことができないため、なるべく工程の少ない方法でできればと思っています。
    置き換えのときの計算方法など教えていただければ幸いです。
    ホップ種とレーズン酵母を育てています。
    よろしくお願いします。

    • 山口さん、こんにちは!コメントありがとうございます。

      中種法をストレート法に、ということですね。
      焼き上がりに差はあるかもしれませんが、できますよ!
      私はホップ種は使ったことがないのでわからないですが、レーズン酵母から元種(粉1:水1)を起こして30%配合したらよいかと。
      置き換えは、元種30%配合する分、粉と水分から15%ずつ引きます。水が足りないので、足りない分は豆乳から引きます。
      ヨーグルト酵母エキス分は豆乳(牛乳)に置き換えます。
      他の材料は、中種分と本生地分を足して、一度に合わせて生地を作ります。バターは後入れで。
      強力粉 75%
      薄力粉 10%
      きび糖 9%
      塩 1.7%
      豆乳 40%
      卵黄 1個
      レーズン酵母元種 30%
      無塩バター 15%

      中種法は安定してボリュームのある焼き上がりになるのですが、ストレート法でもしっかり発酵をとればボリューム感出せますよ。
      一次発酵開始から2~3時間後に、ボリュームアップのために一度パンチを入れてもいいかもですね。
      ストレート法で作るメロンパン、どうだったかまたご報告いただけると嬉しいです♪

      ちなみに、工程が多くてやりにくいと思われがちな中種法ですが、時間をうまく使えば難しいことはないです。
      週末焼くのでしたら、金曜夜に中種を仕込み、この時期室温(23~25℃)でオーバーナイト、8~10時間で3倍くらいになると思います。
      朝、本捏ねして5~6時間で生地が仕上がり、ベンチ成型、ホイロ2~3時間、夕方には焼き上がり!
      タイミングが合いそうなら、時間を合わせて中種法も試してみてくださいね!

  • こんばんは。
    とても丁寧な説明で分かりやすかったです。ありがとうございました!
    中種方も時間を上手く使えば難しくはないのですね。ぜひやってみたいと思います。
    また上手く焼けたら報告いたしますね。
    これからも色々なレシピ楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です