サワークリームのレモンケーキのレシピ/作り方

今回は、酵母を使ったパウンドケーキのレシピをご紹介します。

美味しい無農薬レモンが手に入ったらぜひ焼いてほしい、爽やかなレモンケーキです。
バターを減らしサワークリームを入れているので、あっさりしていますが爽やかな風味と軽さがあります。
初夏~夏にぴったりです!
レモンの風味とブルーポピーシードのプチプチがたまりません♪

膨らむ力は酵母のみですが、じっくりと発酵させれば軽さもでます。
ぐるぐるっと混ぜるだけの簡単レシピです。

一晩寝かして味が落ちついてからが食べごろです。
ぜひ、冷やして食べていただきたいです。

Sponsored Links


サワークリームのレモンケーキのレシピ

材料 パウンド型1本分(8×6×21.5)

  • 薄力粉 100g
  • 強力粉 50g
  • アーモンドパウダー 30g
  • きび糖 80g
  • 発酵バター 50g
  • サワークリーム 50g
  • 卵 1個
  • 塩 ひとつまみ
  • ルヴァンリキッド 70~90g
  • レモン汁 30g
  • レモンの皮のすりおろし 少々
  • ブルーポピーシード 15g

 

補足

  • 粉は、薄力粉を「ドルチェ」、強力粉は「はるゆたかブレンド」を使いました。
    薄力粉のみでもできますが、ちょっとしっとり感が欲しかったので強力粉を配合しました。そのあたりはお好みで、お手元の粉で調整してみてくださいね。
  • レシピではルヴァンリキッドを使用していますが、ヨーグルト種でも元種でもできます。
    粉1:水1:種1で継いでいるので、固めの種を使用する場合は、レシピにはないですが豆乳(または牛乳)で調整してくださいね。
  • レモン汁はレモンジュース(いわゆる〇ッカレモン)でもできますが、国産の美味しい無農薬レモンで作るとより一層美味しくできます!または、防腐剤防カビ剤不使用のマイヤーレモン(皮ごと食べられるやつ)などの外国産レモンでもいいですよ。

1、準備

ボウルに発酵バターとサワークリームを入れ、室温に戻して柔らかくしておく。

2、混ぜ合わせ

柔らかくした発酵バターとサワークリームをクリーム状になるように混ぜ合わせ、きび糖を入れる。
溶きほぐした卵を3回に分けていれ、よく混ぜ合わせる。
レモン汁、レモンの皮のすりおろし、ルヴァンリキッドを入れ、さらによく混ぜる。

ふるった粉とアーモンドパウダー、ブルーポピーシードを入れ、ムラなく混ぜる。

3、発酵

敷き紙を敷いたパウンド型に生地を流しいれて表面をならす。

室温(22~25℃)で6~8時間おく。
発酵倍率の目安は1.5倍程度。
2倍まで発酵させると、ふっくらしてパンのようになってしまうので、しっとりしたケーキ感を出すには1.5倍程度がオススメ。

発酵前
発酵後

4、焼く

190℃に予熱したオーブンに入れ、180℃で5分焼く。
一旦取り出し、表面にナイフで切れ込みを入れてオーブンに戻す。
170℃で35分焼き、竹串を入れてみて生地がついてこなかったら焼き上がり。
まだの場合は様子を見つつ追加で5分焼く。

焼き上がり~!

焼き立てよりも一日置いた方がバターも味も馴染んで美味しくなります。

冷やしてから食べると、よりおいしいです♡

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です