フルーツの洋酒漬けのレシピ/作り方

ちょっと先の話ですが、ハロウィンが終わり11月に入ると街中は一気にクリスマスモードに入ります。
そのころになると、よくシュトレンやフルーツケーキなど見かけるようになりますよね。
寒くなるとバターたっぷりのお菓子がとてもおいしい季節。
フルーツの洋酒漬けが大活躍します。

シュトレンに使うフルーツの洋酒漬けの準備を始めなきゃ!
と、いつも思うのは初夏なのですが、実際始めるのは夏が終わりかけたときだったりします^^;
今年は9月中旬に準備しました!

シュトレンを作ろうと思ったときに、フルーツの洋酒漬けがない!とならないようにまずはフルーツの洋酒漬けを準備しましょう。
レシピとまで言わないかも?!漬けちゃうだけの簡単レシピをお教えします。

皆さんも忘れないうちにぜひ!
今漬けても、今年のシュトレンに間に合いますよー!

11月にはシュトレンのレシピも公開予定なので、準備しておいてくださいね♪

Sponsored Links

フルーツの洋酒漬けのレシピ

用意するもの

  • 大きめの瓶 750mlの瓶1本分
  • お好みのドライフルーツ
    カリフォルニアレーズン
    サンマスカットレーズン
    ドライフィグ
    ドライクランベリー
    各100g程度 瓶の6割くらい
  • スパイス
    シナモンスティック 1本
    クローブ 3粒程度
  • 洋酒
    ブランデー 400ml
    ラム酒 100ml

1、準備

瓶はよく洗い、熱湯をかけて熱湯消毒し、しっかり乾かしておく。
または、しっかり洗った瓶にアルコール除菌スプレーをして、よく乾かしておく。

オイルコーティングされているドライフルーツは、熱湯に1~2分程度漬け、表面のオイルを洗い流す。
あまり長時間付けると、旨味が抜けてしまうので、サッと熱湯で洗うイメージ。
キッチンペーパーなどで水気をふき取っておく。

 

2、漬ける

乾燥した瓶に、ドライフルーツ、スパイスをいれ、洋酒を注ぎ入れる。
しっかりとフルーツが浸かるように。
表面にフルーツが出てしまうとカビの原因になります。

そのまま、直射日光の当たらない涼しいところに置く。
漬けこんで1ヶ月から使用可能。
半年から数年漬けるとさらにおいしくなる。

補足
漬け込んだドライフルーツがなくなったら、余った洋酒に下処理したドライフルーツを入れ、また洋酒を継ぎ足していくと何度も使えます!
その際は、カビ対策のために清潔な器具を使うようにしましょう!

 

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

コメントを残す

※スパムコメント対策のため、いただいたコメントは承認制になっています。コメントの送信後サイトに反映されるまで少しおまちください!