プレーンビスケットのレシピ/作り方

今回は、リクエストレシピです!
にんじんビスケットのプレーンタイプのレシピが知りたいとご希望をいただいたので、最近よく作っているベーキングパウダーと酵母の合わせ使いのビスケットをご紹介します。

ビスケットとスコーンの違いとは?
小麦粉と砂糖とバターとベーキングパウダーを使ったお菓子を、イギリスでは「ビスケットスコーン」、アメリカでは「スコーンビスケット」というのがメジャーなようです。※すみません、逆でしたm(__)m

私個人的に、ベーキングパウダーを使わずに酵母だけでざくざくっと焼き上げるのをスコーン、
ベーキングパウダーを使ってふわっと焼き上げるのをビスケットとしています。

ベーキングパウダーと酵母(発酵種)を合わせて使うと、ベーキングパウダーだけだとパサつきがちなところをしっとりと焼き上げることができます。
(口の中で水分をもっていかれるタイプのスコーンは苦手^^;)

ベーキングパウダーは、アルミニウムフリーのものを使っています。
最近は扱っているスーパーも多いようですね。

卵も使ってふわっと感とコクも出しています。
簡単なので、よかったらお試しくださいねー!

Sponsored Links

プレーンビスケットのレシピ

材料 6個+α分

<a>

  • 薄力粉 200g
  • アーモンドパウダー 50g
  • きび糖 40g
  • 塩 ひとつまみ
  • ベーキングパウダー 4g
  • 発酵バター 50g

<b>

1.準備

aをフードプロセッサーに入れ、数秒回して粉を混ぜ合わせておく。

bは、ボウルに入れて泡だて器で混ぜ合わせ、しっかり混ぜ合わせておく。

バターは小さく切って冷やしておく。

2.生地作り

混ぜ合わせた粉にバターを入れ、全体がボロボロっとなるまで混ぜ合わせる。

バターが馴染んだ生地にbを入れ、フードプロセッサーを数回まわして馴染ませたら、生地がボロボロになる程度まで混ぜ合わせる。

生地がある程度まとまったら、生地を作業台に取り出す。混ぜすぎると団子状になるので、そこまで混ぜない。混ぜすぎて生地を練らないようにする。

作業台で生地をひとまとめにする。フィリングがある場合はここで生地の上に乗せる。

生地は始め、結構ぼろぼろしているが、手で押していくとまとまってくる。
生地を軽く押して平らにし、スケッパーなどで半分に切って重ねる。
また手のひらで押して平らにして、半分に切って重ねる。
これを3~4回程度繰り返す。

厚さ3センチ程度に伸ばしたら、直径6センチのセルクル型で抜いていく。

余った生地を集めて、手で押しまとめたら一度スケッパーで切って重ねる。
また3センチ程度に伸ばして型抜きをする。

抜いた生地は天板に並べていく。何度か繰り返して型抜きをするが、余った生地は丸めて一緒に焼く。

3.焼成

型抜きした生地の表面に豆乳(分量外)を塗る。

220℃に予熱したオーブンに入れ、200℃で20分焼く。

半分くらい過ぎたところで、天板の前後を入れ替える。


焼き上がって、完成!

数回重ねた生地がぱっくりと焼かれ、層がいい感じにできますよ。

半分に割って、ジャムやバターなど、お好きなフィリングを乗せてもよいですね^^

コーヒーのお供に♡

ビスケットのレシピを動画で

動画では当レシピの倍量で仕込んでいます。

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

18 件のコメント

  • 酵母パンのレシピ、よく参考にさせてもらってますm(__)m
    ちょっと気になったので、イギリスではスコーンと呼ばれていてビスケットはアメリカだと思います(アメリカのことは良く知りませんが)。イギリスと言えばアフタヌーンティー、スコーンは欠かせません。個人的にはケンタで売られているようなふんわりな触感のアメリカンビスケットの方が好みですが、こちらのレシピはふんわり系でしょうか?
    是非試してみたいと思います。

    • コメントありがとうございます!
      すみません、逆でしたm(__)m
      後ほど修正しておきますね。

      このビスケットはふんわり系です。
      外はさくっと、中はふわっと焼きあがります。
      ぜひお試しくださいね!

  • はじめまして。
    ずっとInstagramとホームページ拝見してます♪
    酒種とレーズン酵母液種しか持ってないのです、それでも出来ますか?
    是非作ってみたいのでお知恵拝借させてください〜。

    • コメントありがとうございます!
      私は元種でしかやったことがないので、液種での食感や風味がどうなるかわかりません(^_^;)

      今回のビスケットはBP併用ですので、どちらかというと膨らます力は酵母よりBPにあります。
      (この辺の詳細は、にんじんビスケットの下部に記載しています)
      なので、無理に酵母を入れなくてもこのレシピのビスケットは作れます!
      レシピ通り元種をいれるとふんわりの中にもしっとりもあります。
      元種なしでBPのみですと、さくっとかなり軽くなります。

      なので、液種なしでもできますが、もし使いたい場合は豆乳の半分を液種にしてみてはどうでしょう?

      よかったらお試しくださいね!

  • こんにちは☆
    いつも楽しく読ませていただいてます。
    早速作ったのですが生地が緩くなってしまいました。
    材料について、卵1/2とありますが卵のサイズを教えていただきたいです。(Mサイズ:57gで作りました。)
    よろしくお願いします

    • こんにちは!
      作ってくださってありがとうございます(^_^)

      卵はいつもM~Lサイズを使っていますので、60グラム超えるときもあります。
      なので、お使いいただいた卵で問題ないと思います。
      緩くなる原因として、酵母が緩めだとべたつくかもしれません。
      豆乳の分量を30g~で調整してみてくださいね。
      あとは、バターをしっかり冷やしておくことも、べたつき防止になりますよ!
      ぜひまた試してみてください♡

  • 使用されているフープロはどちらのですか?
    差し支えなければ教えてください。
    現在フープロを持っていない(持っていたが壊れた)ので、新しく購入を検討しています。
    いろいろ見ていますが、容量とお財布と相談中で決め兼ねています。
    よろしくお願いします!

  • コメントありがとうございます!
    レシピ内の写真に映っているのは、お店で使用している業務用のロボクープというのですが、自宅用のは添付画像です。
    TESCOMのTK430で、5000円くらいのものですよ。
    よかったら参考にしてくださいね。

  • こんにちは☆
    お返事ありがとうございました
    調整しながら作ってみたいと思います!
    今年もblog・インスタ楽しみにしています(^-^)

  • いつも参考にさせていただいています!!
    素敵なレシピありがとうございます。
    今回のプレーンビスケット、何度か焼かせていただきました。
    外はカリッと、中はしっとりしていてすっごく本当においしいです!
    まとめて焼いて冷凍保存しているくらい気に入っています。^^

    それで、アーモンドプードルは皮なしタイプを使っても問題ありませんか?(間違えて買ってしまいました)
    あと、どうしてもすぐに焼けない場合は、下準備(生地のひとまとめくらい?)までをして
    冷蔵庫保存で取り出してすぐに焼く感じでも大丈夫でしょうか?
    何かいい方法がありましたら教えていただけると幸いです☆
    よろしくお願いします。

    • あおいさん、いつもコメントありがとうございます!
      ビスケット、気に入っていただけて嬉しいです(^_^)

      アーモンドプードルは、皮なしでも問題ないですよ。
      私は皮ありを使っているので、焼き上がりに皮のツブツブが見えますが、皮なしだとこれがないと思います。

      すぐに焼けない場合として、かたぬきした生地をラップして冷凍しておくというやり方があるようです。
      焼く場合は、解凍せずそのまま余熱完了しているオーブンにいれて焼きます。
      私は試したことがないのですが、スコーンをとても上手に焼くお友達から教わりました。
      よかったらお試しくださいね!

  • 先日は、お世話になりました!
    ヘルンヘン・プレッツェルの作り方動画で、きれいに成形できて、とてもうれしかったです。
    お礼申し上げます。
    こちらのサイトをリンクさせていただきましたので、ご報告いたします。

    https://kodomomama777.blog.fc2.com/

  • こんばんは^_^とてもおいしそうでスコーンもビスケットも大好きなので早速作ってみたいと思いました。生地はねかさずにすぐ焼くんですね!今まで1日ねかせて焼いていましたがすぐ焼くのとねかせるのと違いがでますか?

    • コメントありがとうございます!
      ビスケットはベーキングパウダーが入っているので、すぐ焼いています。ベーキングパウダーは水分と合わさるとガスを出して膨らむので、ベーキングパウダーを使う場合は寝かせると膨らみが悪くなります。
      ベーキングパウダーはガスの発泡する力で軽く焼きあがりますので、寝かせないとさくっとフワッと焼けると思いますよ(^_^)

  • こんにちは!いつもレシピや動画を見て参考にさせてもらっています!

    こちらのビスケット、過去の質問で液種で作ることはできますか?というものについて
    豆乳の半分を液種に置き換えてみては?とご提案くださっていました。
    その場合、元種の部分は全くカットして豆乳の分量の半分を液種にするだけでよいのでしょうか?
    元種分の粉や水分は加算しなくて大丈夫なのでしょうか?

    またセルクルの大きさがレシピより小さいものでしたら、焼成時間は短くした方がよいでしょうか?

    お手すきのときにお返事いただけたら幸いです。
    よろしくお願いします!

    • コメントありがとうございます!

      液種を使用した際の元種分ですが、分量からカットしても仕上がりにさほど影響はないと思います。
      膨らむ力はベーキングパウダーメインですし、粉や水の量が少し変わるだけで焼き上がりに影響がでるような繊細なレシピではないので(^_^;)
      むしろ、おうちではざっくりと感覚で作っていただくのが楽しいんじゃないかな?なんて思ってます。笑
      ですが、生地の総量が減るので、量が減るのを気にされるようなら、元種分の粉と水を足して下さいね。

      小さいセルクルになるなら、火の通りが変わってきますので時間も少し短くしてもいいと思いますが、それほど大きさ変わらないのでしたら、そのままの時間でも大丈夫ですよ。
      焼き色はお好みなので。

      アレンジ自在のビスケットなので、お好きに作ってみてくださいね!

  • コメントを残す

    ※スパムコメント対策のため、いただいたコメントは承認制になっています。コメントの送信後サイトに反映されるまで少しおまちください!