酵母キッシュのレシピ/作り方

今回はリクエストいただいていた、酵母エキスを使ったキッシュの作り方です。
お好みの酵母エキスを使っていただいてOKですが、オススメは酒種です。または酒粕酵母や甘酒酵母でもいいかも。
麹系酵母を使うと、チーズのような風味がしてキッシュにとっても合いますよ。
もちろん、お手持ちの酵母でも大丈夫です!

キッシュの生地は1~3日程度冷蔵庫で寝かせてから使用します。
寝かせる日数が進むと、食感もザクザクからサクサクに変わりますので、お好みで変えてみてください。
私は、実は1日寝かせた食感が好きです^^

アパレイユは、キッシュ発祥のフランスでは、生クリームを使うのが定番ですが、今回は少ない材料で美味しく作れるように工夫しました。
さっぱりしつつ、コクもあるので、おうちにあるお好きな具材で作ってみてくださいね。

朝ごはんに、ランチに、夜ごはんのもう一品に、いかかですか^^

Sponsored Links

酵母キッシュのレシピ

材料 18センチ型1個分

【キッシュ生地】

  • 薄力粉 130g
  • 塩 ひとつまみ
  • 無塩バター 60g
  • 酵母エキス 30g 今回は酒種
  • 成分無調整豆乳 30g(牛乳でも可)

【アパレイユ】

  • 卵 1個
  • 粉チーズ 30g 今回はパルメザンチーズ
  • 成分無調整豆乳 150g(牛乳でも可)
  • お好みの具材 適量
    (分量外)オリーブオイル、塩、ブラックペッパー

1.準備

酵母エキスと豆乳は、計量して混ぜ合わせておく。

バターは小さく切って冷やしておく。

2.生地作り

フードプロセッサーに粉と塩と小さく切ったバターを入れ、全体がサラサラっとなるまで混ぜ合わせる。

バターが馴染んだ生地に酵母エキスと豆乳を合わせたものを入れ、フードプロセッサーを数回まわして、生地がボロボロになる程度まで混ぜ合わせる。

生地に水分がいきわたりある程度まとまったら、生地を作業台に取り出す。

作業台で生地をひとまとめにする。

生地をスケッパーや手を使って集めて、押してひとまとめにする。
生地を軽く押して平らにし、スケッパーなどで半分に切って重ねる。
また手のひらで押して平らにして、半分に切って重ねる。
これを2~3回程度繰り返す。

ラップして冷蔵庫で寝かせる。

1日~3日程度。寝かせる時間が少ないとザクザク食感、たくさん寝かせると軽いサクサク食感になります。

3.成形

寝かせた生地に軽く打ち粉をし、めん棒で伸ばす。
型より一回り大きいくらいまで。

伸ばした生地を型の上に乗せて、型の底に合わせて生地を押し込み、底面の角をしっかり押し込んでおく。
型の壁側に生地を押し当てていき、余分な生地は外側に広げて、めん棒を転がして余分な生地を落とす。

※余分な生地は適当に伸ばして焼いてみてください。美味しいパイ生地です。

小さな型に入れて、ミニキッシュを作ってもいいかも。

生地の底面にフォークなどで穴を開けておく。

4.焼成(キッシュ生地)

型に入れた生地にクッキングペーパーをひいて、タルトストーンを乗せて、190℃で10~15分焼く。

タルトストーンを外して、さらに10~15分焼く。
キッシュ生地完成!

5.アパレイユ

ボウルに卵、粉チーズ、豆乳を入れてホイッパーでよく混ぜ合わせる。

中に入れるフィリングは、軽くオリーブオイルでソテーする。

(写真のは、ソーセージ、玉ねぎ、菜の花)
軽く塩をふる。

焼いたキッシュ型にソテーしたフィリングをいれ、アパレイユを流し込む。

お好みで具材をトッピングし、ブラックペッパーをふる。

6.焼成

190℃のオーブンで40分焼く。

焼き上がったらすぐ型から外して冷ましておく。
完成!!

中にもフィリングとアパレイユぎっしり!こちらは菜の花とソーセージのキッシュ。

こちらはレンコンとベーコンのキッシュ。

キッシュの良いところは、好きな具材を入れられるところですよね♪お好みでお好きなフィリングで作ってみてくださいね(^_-)-☆

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

Sponsored Links






関連記事



10 件のコメント

  • こんにちは。
    いつもとっても参考にさせていただいています!
    ありがとうございます
    質問させていただいてよろしいでしょうか?
    こちらのキッシュの生地は冷凍で保存かのうですか??
    冷蔵ではどのくらい日持ちしますか??

    • コメントありがとうございます!

      いつもすぐ食べちゃうので冷凍したことないですが、材料的には冷凍可能だと思われます。
      (冷凍パイ生地とかもありますしね。)
      冷蔵庫では5日放置したことありますが、美味しく焼けましたよ。
      それ以上は試してみていませんので、ご了承くださいませm(__)m

  • こんにちは、レシピありがとうござます。
    先日早速作りました。
    孫が卵を食べられないので、お豆腐でアパレイユ作りました。美味しく食べてくれました。

    娘はレアチーズタルト焼きました。お砂糖をタルト生地に入れなかったので、かなり甘さ控えめでしたが、孫も喜んで食べてました。

    パンだけでなく、酵母の色々な使い方を知ることが出来て嬉しいです。ありがとうございます^ – ^

  • こんにちは!
    コロナ自粛で初めて酵母に挑戦した酵母ビギナーですいつも丁寧な解説でビギナーの私には嬉しい限りです。
    とても美味しそうなキッシュなので是非作りたいと思っているのですが、キッシュ生地のバターはオイルに置き換え可能でしょうか?また、置き換えた場合水分など調整すべきか教えて下さると嬉しいです!

  • 》コロコロごいし様

    お返事ものすごく遅れてすみません!!!
    作っていただきありがとうございます。
    お豆腐のアパレイユ、素敵なアレンジですね♪
    お孫さんと一緒に美味しく食べれられて、嬉しいです^^
    タルトにも使えますよね!お菓子寄りのパイ生地ではないですが、アレンジは自由自在にできますね。
    私も今度、スイーツ系にアレンジしてみたいと思います!

  • >あこあこ様

    コメントありがとうございます。
    バターではなく液状オイルでもできると思います!
    やったことないので想像ですが、
    オイル40g
    酒種30g
    豆乳10g
    で、どうでしょうか。
    このくらいで、生地の固さは大丈夫かな…
    あくまで想像ですので、あとはオイルの量や豆乳の量で調整してくださいね。

    ちなみに、オイル仕込みの場合は冷蔵庫で寝かせているとオイルが染み出てきます。
    そのまま使っても特に問題はないですよ!念のためお伝えしておきますね。

    • >ひろみ様

      コメントありがとうございます。
      タルトストーンがない場合、何か重石の代わりになるようなものがあると良いのですが…。
      試したことはないですが、タルトストーンなしでもできないことはないと思います。
      タルトストーンなしで焼くと、おそらく生地の真ん中が盛り上がってしまい、フィリングを入れる部分が少なくなるかなーと思います。

      レシピは18センチ型ですので、15センチ型ではあまりが出てくると思いますが、半量では逆になりなくなるかもです。
      あまりも、棒状にして捻って焼いたり、小さいカップに入れて焼いたりなど、パイ生地のように使えますので、余分が出た場合はお試しくださいね。

  • コメントを残す

    ※スパムコメント対策のため、いただいたコメントは承認制になっています。コメントの送信後サイトに反映されるまで少しおまちください!