マーラーカオ(蒸しパン)のレシピ/作り方

マーラーカオって知ってます?
中国に昔から伝わる蒸しパンで、日本でも人気があります。
子供のころのおやつに某社のマーラーカオがたまに出てきて、昔から大好きでした。

マーラーカオの独特な色味は、醤油が入っていたり黒糖を使用していたりと様々なレシピがありますが、今回は重曹を使います。
というのも、肉まんのレシピを色々と試していた時に重曹を使って肉まんの皮を作ろうとしたら、蒸し上げたらなんと黄色くなり、味もマーラーカオの風味がしたのです。
調べてみたら、重曹のアルカリ成分は小麦のフラボノイドという色素成分と反応すると、黄色に変色するそうです
また、重曹には独特の苦味もあります。

重曹で仕込んだ肉まんの皮を、マーラーカオに通じるものがある!と感じたのはこの理由からなんですね。
重曹はどら焼きにも使いますが、あの独特な皮の風味、マーラーカオに通じるところがある気がしませんか?(私だけ^^;?)

てことで、私のマーラーカオには重曹を使うことにしたのでした。

そして、型は紙コップを半分に切ったものを使います。
この大きさがおやつサイズにちょうどいいですので、良かったら試してみてくださいね!
もちろん、ココット型に敷き紙しても、シリコンカップでも、お手ものにあるもので気軽に作りましょう。

ボウル一つで混ぜるだけの簡単レシピです。
朝ごはんを作るついでに混ぜちゃえば、おやつの時間には出来上がります。
ぜひ試してみてください!

Sponsored Links

マーラーカオ(蒸しパン)のレシピ 8個分

  • 薄力粉 130g
  • 重曹 小さじ1/2
  • きび糖 50g
  • 卵 2個
  • レーズン酵母エキス 50g
  • 豆乳 70g
  • 太白ごま油 50g
  • レーズン お好みで
補足

粉は、国産の薄力粉「ドルチェ」を使いました。

紙コップは半分の高さに切っておいてください。
これを子供にやらせると、お手伝い感も増して喜びます(笑)

1、混ぜ合わせ

ボウルに卵を割り、きび糖を入れてよく混ぜる。
レーズン酵母エキス、豆乳を入れてさらに混ぜ、太白ごま油を入れてしっかりと混ぜる。

薄力粉と重曹を合わせてふるい、ボウルに入れてしっかりと混ぜる。
混ぜ合わせたものはとろとろの状態。

2、発酵

暖かいところ(25~28℃)で6~8時間程度発酵させる。
発酵後、体積はそれほど変わっていないが、生地の中にも気泡が入っていて、すくうと発酵前よりふわっとしたのがわかる。

Sponsored Links

3、型入れ

半分に切った紙コップに生地を入れる。7~8割程度まで。

4、蒸す

セイロに型に入れた紙コップを並べる。レーズンを乗せるなら、重みで沈んでしまうのでこのタイミングで。

セイロを沸騰した鍋に乗せ、中火で20分蒸し上げる。

完成♪

紙コップはぺりぺりっとはがせて生地もくっつきません。楽!!

はがすとこんな感じ、コロンとしてかわいいですよ。中身もしっとりふわふわ♡

※ご質問等は各ページ下部にあるコメント欄からどうぞ~♪お気軽にご利用くださいね。

Sponsored Links




関連記事



instagramやってます!是非フォローお願いします!!
↓↓

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

2 件のコメント

  • クランベリー、クリチ、カシューナッツのハードパン‼️インスタ拝見しました❗️私も食べたい❗️☺️

    パン屋さんのパンがおうちで食べられるなんて本当に素敵すぎです。

    ちなみに、そこのパン屋さんの栗の渋皮煮のベーグルも絶品です。
    また食べたくなってください笑

    • 尾崎さん、コメントありがとうございます!お返事遅くなりました(T_T)

      インスタ見てくれたんですね♪やっぱり間違いない組み合わせで美味しかったです!
      大きく焼きましたが、これは小さく焼く方がいいかなって思いました。
      渋皮煮のベーグル…ああ、間違いなく美味しいですね!
      そのお店、行ってみたいです♡

  • コメントを残す

    ※スパムコメント対策のため、いただいたコメントは承認制になっています。コメントの送信後サイトに反映されるまで少しおまちください!